報告20181007日  報告者(炭谷)

山 行 期 間

2018100506日      

山 域・山 名

 秩父 両神山  北本山の会交流山行

リーダー

濱田

参  加  者

7名

コース タイム

10/5 北本530==白井差小屋跡駐車場800…昇竜の滝910…ブナ平1020…頂上120030…夢見平1310…白井差小屋跡駐車場1440(国民宿舎両神荘泊)
10/6 両神荘740==北本1530

10/5 台風25号と秋雨前線の影響で天候が定まらず、心配しながら山行当日を迎える。2台の車に便乗し出発する。白井差駐車場の山中さんに声を掛け、地図と山道の説明を聞く。「登山道の途中までは確認してあるが、後はまだ行ってないので…」との事。20分ほど林道を歩き、木橋を渡ると本格的な登山道に入る。登る頃は薄日も差し絶好の登山日よりとなる。「昇竜の滝」は雨量も多く、横から見てもキレイだ。樹林帯のジグザグの急登を登るにつれ色づいた木々も多くなり、紅葉まであと数日だ。台風24号の影響か、大木が倒れ登山道をふさいでいる。清滝小屋からの尾根分岐で黄色のロープをくぐり、左手を登る。朝「後を振り向き降りる道を確認する」と言われ、道標はあるが見落とさないように注意したい場所だ。気を付けながらクサリの岩場を登ると両神山頂上に到着。展望はいまいちだが頂上では綺麗な紅葉を見ながらお昼を食べ同じ登山道を下山する。山中さんにお借りした地図と環境整備料を返却し、今日の宿泊地国民宿舎両神荘へ。夕食後交流会。

10/6 今日は朝から良い天気で気温も上昇。両神荘の近くを散策後、ダリア園へ向かう。約350種・5000株のダリアが咲き、真近で見たり高台から眺めたり「これが好き、庭に植えるならこれがいい!」と言いながら見て回り、綺麗なダリアを堪能する。ここは地域の人達で管理しているとの事です。「しゅうかいどう」も観たく、秩父札所三十三番法性寺に向かう。駐車場手前の林の斜面にはしゅうかいどうのピンクのかわいい花が一面に咲いている。法性寺境内も秋の花が咲き、境内からの眺めも良くこちらもお花を楽しんだ後帰宅。楽しい2日間でした。

ドウダンツツジが紅葉し、ホトトギス咲く登山道