報告  2018630日  報告者(本田)

山 行 期 間

2018629

山 域・山 名

奥武蔵 蕨山

リーダー

本田

参  加  者

3名

コース タイム

さわらびの湯6:557:45金毘羅神社跡7:558:52大ヨケの頭9:009:35藤棚山−10:05蕨山10:2011:45名郷

夏の北海道山行の訓練山行第五弾として実施。

今回は週1の山行で体力維持を目的として予定よりも25分早く出発。梅雨時ながら今回も晴天に恵まれたが、下準備不足で登山口を間違え予定よりも5分遅い6:55再出発となり、これが結果として最後の下山口から予定のバス時間に25分間に合わなくなることに繋がるとは・・。

墓の脇の登り口から樹林帯の登りがしばらく続き金毘羅神社跡に着いた頃には皆汗びっしょり。大ヨケの頭、藤棚山とアップダウンが続く中足元は露岩もなく歩きやすいし、北斜面から吹く風は本当に涼しくて気持ちがいい。蕨山の頂上からは見晴らしもよく、また頭上の青空は真っ青な紺碧色でその中を白く光る雲が静かに流れていて見飽きないが、予定時間よりも遅れ気味なのが気になり急いで下山の途へ。登りの柔らかくて足に優しい登山道とはうって変わって岩肌のむき出したところを慎重に下る場面が所々あり思ったほど時間を稼げない。植林の中に入った頃にバスの予定時間となり一息ついて休憩。この辺にはコアジサイより少し花弁が大きい白いアジサイの群生が見られた。伐採された木々が散在する中を抜け林道終点に出て10分、名郷のバス停に到着。予定のバスの次のバスに乗り込み出発点のさわらびの湯へ。

市販の山地図を基にしないでネット情報のみによるコースタイムにより蕨山から名郷までのコース時間を設定したことを反省材料とした山行でした。