報告  2017年9月15日  報告者( 本田 )

山 行 期 間

2017年9月9日〜10日  

山 域・山 名

交流山行(日光白根山、霧降高原)

リーダー

本田、武藤

参  加  者

10名

コース タイム

1日目:菅沼駐車場9:00−10:50弥陀ケ池11:00−12:15白根山12:30−13:20弥陀ケ池13:25−14:45菅沼駐車場

2日目:レストハウス10:55−12:15丸山12:35−13:45レストハウス

交流山行ということで草加市保養施設「奥日光自然の家」で1泊し、会員同士の交流を深めるのが目的で山行そのものは軽めにする予定だったが、白根山の弥陀ケ池から上の急な登りも霧降高原の1445段の階段上りも結構大変だった。

1日目:今回は参加者も多いので車2台で北本市役所6時出発。予定時間よりも早めに菅沼駐車場に到着。平日にも拘わらず車がいっぱいで路上駐車し9時出発。

天候に恵まれ日差しが眩しいが歩き始めると風は涼しい。先頭グループ1050分弥陀ケ池到着。池の水量が多く周りの緑の景色を映し出していた。座禅山の分岐から上の急登は登る人下る人でいっぱいで自分のペースで登れない状況だ。山頂付近も人ひとでいっぱいで三角点のある場所は順番待ちで大渋滞。軽く昼食をとり1230分下山。弥陀ケ池まで急いで下るが遅れていた4人の姿はなく止む無く1325分下りへ。

菅沼までの下りの途中で4人と合流245分駐車場へ到着。赤沼茶屋発低公害バスに乗るため急いで移動。1545分最終バスで保養所へ。車窓から見える緑のジュータンのように小笹で敷き詰められた林の中をゆっくり走るバスが疲れを癒してくれた。

2日目:保養所830分出発低公害バスで赤沼茶屋、車を乗り換え霧降高原駐車場へ。1055分丸山ハイキングコースへ出発。天空回廊を上りにするか下りにするか意見が分かれる中、14445段の階段に挑戦。

息を切らしながら1215分丸山頂上へ。怪しい雲行きの中昼食をとり1235分下山。足元が滑りやすい下りを紅葉しかけた木々の景色を見ながら1345分レストハウスに到着。

夜の交流会の話題が山の思い出や今後のやりたい山行の話題ではなく、時事放談に終始してしまったのは残念だった。反省として、ペースの速い組とゆっくりした組と2組になっての行動になり全員が白根山に登れなかったのは残念だった。

途中で先頭を歩く人はメンバーの前後を見ながらペース配分をするようにとの声もあり、今後リーダーをやる際はペース配分を考えるうえでメンバーの隊列をスタート段階で決め全員で登頂を目指すようにしたい。

燧ケ岳 鏡の弥陀ヶ岳
丸山 菅沼登山口
ヤマハハコ ヨツバシオガマ