報告  2017年7月8日  報告者(本田)

山 行 期 間

2017年7月7日   

山 域・山 名

那須岳

リーダー

本田 

参  加  者

3名

コース タイム

北本市役所5:00-那須ロープウエイ駐車場7:35…峰の茶屋8:3035…朝日岳9;1530…那須岳頂上10:45 11:10…山頂駅11:35 50(高雄口登山道)…スキー場13501400…ロープウエイ駐車場⒁:30

山 行 記 録

夏山山行の足慣らし山行としてメンバー3人だけで山行。

那須ロープウエイ駐車場で車を降りると目の前には真っ青な青空をバックに那須岳がグーンと聳え立っていた。風は涼しく最高の山行日和だ。

予定よりも少し早めのスタート、峠の茶屋はまだ空いていないところを通過、山の神の鳥居を潜り山道へ。日差しが強く汗が流れ出るがさーっと吹く風が肌を冷やしてくれる。ほどなく峰の茶屋に。ここは相変わらず風が強いが今日は気持ちがいい。平日だがこの辺は銀座通りとあって人も多い。朝日岳まで40分、頂上からは360度OK。那須岳方向西北奥に頂きに今も白く雪を抱く峰々、その場ではどこかわからなかったが帰って調べてみると飯豊連峰だ。峰の茶屋まで戻り那須岳の登りへ。同じジャージ姿の小学生20~30人とすれ違い引率する数人の教師らしき人を見て、大田原高校の雪崩事故の教師を思い今は大変な時代になったなと独り言をつぶやく。1045分那須岳頂上。松橋さんの手前料理のズッキーニの漬物にやはり水分の多い食べ物がおいしい。ここから山頂駅まではロープウエイで登ってきた観光客がぞろぞろ。高雄口登山道はあまり通る人がいない様子で木々の枝は低く垂れ込みかがんで降りたり、

足元の石は緑の苔で滑りやすくゴロゴロしていて歩きにくい。飯盛温泉跡付近は昔の源泉からの土管の残骸で歩きにくく結構疲れた。ようやくファミリースキー場のゲレンデに出てホッと一息、そこからロープウエイ駐車場までの舗装道路の30分はしんどかった。今回も色んな花が咲いていが覚えきれず記録に書き込めないのが残念です。