報告 2017 年5月16日  報告者( 本田 )

山 行 期 間

2017年5月12日〜13日

山 域・山 名

奥多摩縦走

リーダー

本田

参  加  者

3名

コース タイム

12日 奥多摩湖7:40−10:15六ツ石山10:35−11:50水根山−12:35鷹ノ巣山12:55−15:00七ツ石小屋

13日 七ツ石小屋7:20−9:45鴨沢

12日:北本市役所6時出発奥多摩湖730分着。天気は上々、風は少しひんやり、いざ出発。いきなりの直登。地図上も等高線を真っすぐの登り。杉林の中汗をかきかき約2時間、新緑の広葉樹の林に代わり、青空から木漏れる光に癒され1015分六ツ石山到着。真新しい立派な石碑がひと際目立つ。山桜とはちょっと違う桜の木が満開で迎えてくれている。水根山、鷹ノ巣山への石尾根縦走路は尾根歩きで気持ちがいいが思ったより登ったり下ったりがきつく結構疲れる。ただ、花びらが大きくピンク色が濃い山桜とはちょっと違う桜の木があちこち生えていた。

15時七ツ石小屋に到着。昔ながらの小さな小屋で今夜は自分たち3名だけの貸し切りとのこと。先週のゴールデンウイークは定員12名のところ

30名が泊まって大変だったとか。トイレはバイオ型で新しくきれいだった。外の広場ではテントが1張り。素泊まりなので夕食のカレーを作りながら梅酒で乾杯。夕食後小屋のロビー?(土間)で丹波山村の小屋番の奥さんと談話。思い切り昨年の北海道山行の話を自慢。

13日:夜中から屋根に雨音が響くのを聞きながら5時起床。外は雨雲が立ち込め視界はきかない。雨脚は強くはないが視界の効かない中雲取山を目指してもということでいち早く下山を決定。メンバーはちょっと残念そう。720分小屋を出発、途中鴨沢駐車場からの近道の所でルートを間違え、藪漕ぎを強いられバスに間に合わないかと思ったが945分鴨沢バス停到着。