報告 2015717日  報告者(白根・星野)

山 行 期 間

2015711日 〜7月13日      (3日間)

山 域・山 名

加賀・白山

リ ー ダ ー

星野

参  加  者

4名

コース タイム

11日 北本発2015==さいたま新都心発2130(金沢行高速バス)12日 金沢駅着600==金沢駅発645(登山バス)==別当出合着855910‥‥中飯場1000‥‥甚之助小屋1150‥‥黒ボコ岩1400‥‥雷鳥荘1450
13
 雷鳥荘420‥‥御前峰455535‥‥雷鳥荘730‥‥黒ボコ岩750800‥‥甚之助避難小屋91525‥‥中飯場1040‥‥下山道分岐1055‥‥別当出会111530==1330金沢駅1638==1840大宮==北本1930

12 金沢駅から別当出合行のバスは十二、三人ですいていた。報道されていた崩壊箇所(工事中)3箇所ほど通過し、瀬女トンネルを抜けると、山深く、狭い道路の上りを走り、予定どおり登山口別当出合着。

日曜日とあってか続々と下山してくる中、吊り橋を渡り、中飯場を経て砂防新道を着々と登る。日差しが強く、汗びっしょり。ブナの原生林のなか、早くもサンカヨウ、キヌガサソウ、エンレイソウの花に癒されながら、甚之助小屋へ。目の前に別山がどっしり。
 今日の予定ルートの半分ほど登り、雪渓を渡りきると、黒ボコ岩までの十二曲がりの急登が始まる。

雪解けから咲き始めた花の中に、延命水なるものがチョロチョロ流れている、3杯飲んで30年長生き。冷たくておいしい。花のオンパレードを見ながら黒ボコ岩へ。
 やがて弥陀ヶ原から目の前の御前峰に近づくべく一気に登って雷鳥荘へ。室堂からの夕陽はほんの少しだったけれど、ほどよく冷たい風に乗って、雲が遊んでいるように動き、その山容は見ていて飽きない。夕暮れになってから、黒百合の群生地に出会い、感動!明日が楽しみ。 (白根)

13
 御前峰でお日の出が拝めそうな日は白山比盗_社の太鼓が二度なるというが、一度目の太鼓を聞きのがしてしまい、二度目の太鼓で御前峰をめざす。空は曇っていて時間的にも微妙。山頂奥宮で神職が行う日供祭で「今日はお日の出は拝めませんでしたが…」の言葉にホッとしたり残念だったり。お池めぐりはとりやめにしたので、山頂でゆっくりする。我々だけになった山頂でご神職に周りの景色の説明をして頂いた。富山方面、剣岳に続く山々も見え、そして素晴らしい天使の階段…。いつまでも見飽きない風景だった。

730室堂を出発。黒ボコ岩から下の十二曲がりは、昨日に増して素晴らしいお花畑で、写真を撮りながらゆっくり下る。昨日の蒸し暑さと違い、風もあり気持ちが良い。上り下りの人も昨日よりずっと少ない。
 
中飯場を過ぎ下山道分岐で下山道に入る。この道は崩れてずっと不通になっていたが、開通して間もないようだ。前にも後ろにも他の人はみえず、上り道からどんどん離れていき不安になりながら歩いていくと、今までに見たこともない太く、長〜い蛇に遭遇。その後ももう一匹前を横切られ、息を止めやり過ごす。別当出会の赤いつり橋を渡ってほっとした。
 台風の動きや、別当出会までの落石通行止めや工事など心配させられたが、好天に恵まれ花もいっぱい見ることができ楽しい山だった。  (星野)

          十二曲がり
          登り来た道
          夏山!
          遠く御嶽山も